書籍・暮らしのアーユルヴェーダ

書籍・暮らしのアーユルヴェーダ

AROUND INDIAの田村ゆみさんが著した本、『暮らしのアーユルヴェーダ』

3回連続の講座「暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース」でテキストにもなっています。

私がこの本に出会ったのは本当に偶然で、
友人と著者の田村ゆみさん、もうお一方が登壇されたインドのトークショーに行ったとき、
たまたま物販で見つけたのです。

それまでいくつもの難しいアーユルヴェーダ本を読んで、
わかったようなわからないような気持ちになっていた私は
軽い気持ちでこの本を手に取り、目からウロコが落ちたのです!!

なんだ、これ、こんなシンプルにアーユルヴェーダが記されている!
これぞ究極のアーユルヴェーダ本だわ♡

それがご縁で、現在、著者の田村ゆみさんに講座を開催していただくようになりました^^

 

とってもシンプルです。

とっても、わかりやすいです。

難しいことは、書いてありません。

だから、もしかしたら…なのですが、
すごーーく期待してこの本を入り口とすると、物足りないと思うほどかもしれません。

(こちらはもくじです)

 

そんな中、こんな感想が聞こえてきました。

アーユルヴェーダをインドで長期間学んでいらっしゃる方からのお話です。

実は最初は(この本に対して)物足りなさを感じてたけど、
(本場インドで)1か月学んでみて、
(アーユルヴェーダ病院附属の学校の)厚いテキストの大切なことが
 ここまでシンプルにまとめあげられててすごいって思いました。
 イラストになってるのもわかりやすくて、クラスメイトにも見せてました。
(この)本とサイトを見てなんとか1か月目を乗り切りました

 

他に、現地インドでアーユルヴェーダを学んだ方、(少なくとも)お二方からも同じようなご感想をうかがっています。

深く学べば学ぶほど、この本のすごさやありがたさがわかるのかもしれません。

 

仲良しの素敵なお友達、ヨガインストラクター歴10年以上で、
アーユルヴェーダにも造詣の深いmotomiさんも、
昨年、この本に出会った時のことをブログでご紹介くださっています。

『わかりやすい命の取り扱い説明書』というタイトルで、その本文にこんな風に…。

「この本は、ヨガ養成クラス同期だったお友達から教えてもらったのですが、今まで読んできた中で1番わかりやすいです!!!!」

「びっくりするほどわかりやすい!!!(何度でも言うよ)」

「イラストが多く文字も少なく、目にも気持ちにも優しい」

 

ちなみにmotomiさんは、ヨガクラスの生徒さんにこの本を見せたところ「私も欲しい」というお声が多く、
代官山蔦屋書店にあった在庫を全部買い占め、さらに追加注文をしたという猛者です^^

◇ motomiさんのブログ記事はこちら

 

ということで…。

「暮らしのアーユルヴェーダ」という本、
私の考えでは、
アーユルヴェーダとのつきあいの「基盤、土台、ベース」になってくれる本だと思っています。

難しいことを習っても、ここがベースになっていればきっと理解できる。
学びを深めていっても、ここに立ち帰れば見失わず、ブレずにいられる。
ああ、大丈夫だ、と確認できる。
そんな本だと思うのです。

右足から歩くか、左足から歩くか、どうやって歩き出せばいいのか、
はじめてだと何もわからないもの。

でも、この本からはじめてみたら、
気軽に楽しく、毎日の暮らしにアーユルヴェーダのいいところを
取り入れられると思います。

 

AROUND INDIAのホームページで入手可能です。
・12/26ごろまで、田村ゆみさんインド滞在のため、発送はその後となります
・暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコースご受講の方でご希望の方にはkairos Tokyoから発送しております

◆ 本のページはこちら

ぜひぜひ、お手にとってご覧ください^^