新月満月の星読み・3/2 乙女座の満月

新月満月の星読み・3/2 乙女座の満月

 

3月2日の朝、乙女座の11度台で満月です。

サビアンシンボルは「結婚式のあと、新郎が新婦からヴェールを剥ぎ取る」。
ちょっとどきっとする言い回しのシンボルですね。

ここ最近、いかがお過ごしでしたか。
もしかしたら、ちょっと「流れ」が淀みがちだったりしませんでしたか?

仕事やプライベートでの物事の進行が、予定通りにいかないという方、
なんとなく自分の気持ちが乗らないという方、
いいことはあるけれど、喜んでばかりもいられない感じがして
例えば悪いこともしっかりセットになっていたという方、
そんな「なんだか今ひとつな感じ」がしていた方が
確かにいたのだろうと星々が語っています。

 

もしかしたら、
自分の意思とは無関係に、
周囲の状況や外的な力によって、仕方なくブレーキをかけるしかなかった、
なんてこともあったかも。

今回の満月図を見て読み取れるのは
そんな気配が「まだもう少し続くかも」ということです。

ただし、
これは「悪いこととかダメなこと」ではありません。

ひとまず境目をなくして、枠を全て取り払うような…。
決まりだから、とか
こうしないといけないから、という概念から解き放たれて…。

なんの制約もない状況、
誰とも競合しない状態、
これまでのルールや常識や忖度や気遣いや後ろめたさとお別れして、
そういう全てをいっぺん「ナシ」にして、
そこからもう一度、その秩序のないグチャグチャに手を突っ込んで

「えい!これだ!これこそが私の希望だ!私の未来だ!私の愛だ!」

と掴み取り、選び出すことができる、という気配なのです。

この満月で、ひと踏ん張り。
ちょっと大変でも頑張って「いまの私」と向き合った人は、
誰もまだ見たことのない未来を創造していける星回りです。

いかがでしょう、
この際グチャグチャにひたりきってみるのも、
なんだか悪くないような気がしませんか?

 

あなただけのために、あなたの星を読み解きます。
STARナビゲーションの個人ナビ・詳細はこちら

春分からの1年の運気を読み解く、3月中限定のメニュー
STARナビゲーションspecial『Year Reading 2018』こちら