kairosの考える西洋占星術的「土星の存在」

News

    kairosの考える西洋占星術的「土星の存在」

    先日、朝早くに愛犬と散歩をしていて、
    ゴミ集積所でゴミをまとめたり分別している近所のおばさま(自主的になさっている)を目にしました。
    「あ、これって土星だな~、わかりやすいな~」と思ったので記事にしてみます。

     

    西洋占星術のセッションをしていて土星の話になると
    よく「悪い星」「嫌な星」っておっしゃる方がいらっしゃるのですけど、
    そんなことないので、この例えならわかりやすいかな?と思うのです。

    そもそも、土星は英語では「Saturn」。
    たしかに響きからしてちょっとおどろおどろしいですけどね^^

     

    話を戻しましょう。
    まず、ゴミ集積所にそういうおばさまがいたら。

    「なんか中身みられるのやだー」
    「何食べてるとか何捨ててるとか思われるのやだ」
    「恥ずかしいし、ゴミ袋開けられたくない」

    などと思いますよね。

    そこで、ちゃんとゴミを分別してないとしたなら、
    「やだ、怒られる、怖い」
    「出すのやめちゃおう、あのおばさんがいない日にしよう」
    と思ったり、逃げたりしてしまいます。

     

    ここでいうおばさまが、まさに土星の働きです。

    若かったり、ちゃんとしていない(と自分で思っていたり)すると
    『うざい』
    『うるさい』
    『めんどくさい』
    『きらい』
    『イヤ』 な存在であるおばさま。

     

    でも、例えば自分の年齢層が上がってくると、同じゴミ分別おばさまにも

    「ボランティアで綺麗にしてくれてありがたいわ~」
    「自分ならできないけど、助かっちゃう」

    というように思ったりしませんか?

    もっと年齢層が上がると、自分自身がゴミ分別おばさんになったり^^

     

    それ!
    まさにそれこそが、『土星』なのです。

    土星は、「悪い星」じゃなくて、
    ちょっとお節介なおばさん。
    もしくは、いつも目を光らせている先生。
    口うるさいおばあちゃん

    そんな存在です。

     

    もういいよー!と耳栓をしたくなってしまうような存在かも…。

    ちゃんとしている人なら、たとえ厳しいおばさまがいたとしても大丈夫。
    あ。
    ちゃんとっていうと、「ちゃんとしなきゃ」ってなってしまって
    ちょっと語弊があるから別の書き方をしましょう。

    自分で、自分に正直な行動をしている人とか
    (何やってるの?と言われても、私はこれをしたくてしているんです!と言えるような人)
    自分自身をちゃんと生きている人とか、
    何を言われても気にしない人とか(それが良いかどうかは別として)
    そういう人には土星は怖くないのです。

    むしろ
    「ありがたい」だったり、
    「助かるわ~」だったりします。

    若いとなかなかそう思えないですけどね
    (土星を象徴する年齢域は55歳~。だから年齢が上がって、太陽や火星や木星を統合していったその先。人生を重ねてこそ、その価値がわかるのです)

    年齢をある程度重ねていても
    自分自身を生きていないと、やっぱりうざったい存在かもしれません。
    「それでいいの???」って常に聞いてくるように感じてしまう。

    『うるさいな、そんなのわかってるわよ~~!』
    と言いたくなるかもしれません。

    例えるなら若い時に言われてイヤなこと。

    スカート短いわよ!だったり
    (でも土星としては「チカンに狙われたら大変よ」って思ってるのかも)
    足そんなに出してると冷えるわよ!だったり
    (「女性の冷えは不調につながるからね」って心配してるのかも)
    だらしない格好しないの!だったり
    (「相手に低くみられちゃうわよ」ってアドバイスしてくれてるのかも)

    そういうのが、土星の働き、土星の存在です。

    だから生まれた瞬間の個人個人のホロスコープ(ネイタル)で、土星がつよめに働く方だと
    気持ち的に大変なこともあると思います。

    何かやろうとするたびに
    「それでいいのっ?」って自分の中でブレーキがかかったりします。
    (→こういう部分を詳しく知りたい方はSTARナビゲーションの個人セッションにいらしてくださいね😇)

    あと、ネイタルではそうでもなくても、
    今現在の空の天体の位置であるトランジットのホロスコープの巡り合わせで、
    ご自身のネイタルに土星ががっつり重なる時期などにも、圧がかかることになります。

    これは、誰にでも起こり得ます。

    うまくいかない感じとか、全部ひっくり返される感じとか。

     

    でもその時に思い出してもらえたら。

    土星は、悪い星じゃなくて、
    豊富な経験から「それ大丈夫?」って言ってるだけだから。

    あなたが自分自身を生きていれば、応援してくれる星です。

    もし、無理をしていたり自分を捻じ曲げていたら、
    「ちゃんと分別して進みなさいよ」って言っているはずです。
    必要なことと、そうでないこと。
    好きなことと、そうでないこと。
    大切なことと、そうでないこと。
    しっかり、自分でわかって、自分に正直に進みなさいね、と言っているのです。

    土星は、西洋占星術的に一つの切り口としてはそういう星。
    ここが分かりにくいから、人によっては「凶星」ってなったりするのだと思います。
    自分のために言ってくれてる、って耳が痛いですもんね。
    悪い星だからそう、って思った方が、きっと楽なのだと思います。
    (実際にそう考える占星術師さんもいるのは事実です)。

     

    あ、そういえば、
    私の大好きなマツコデラックスさんのホロスコープはこんな感じです。

    右の下の方に、土星があります。
    そこには、月も一緒にいます。

    一番ナイーブな月に、
    意識層では一番重い星である土星ががっつりかぶってます。

    幼い頃から心の葛藤とか、やっぱりいっぱいいっぱいあった方あんだろうな、と想像できます。

    でも!
    その月と土星が彼女(彼?)の人生を大きく動かすカギになっているのです。
    他の全ての星を、月と土星が寄り添いあって、俯瞰しながら動かしている。

    マツコさんの「厳しいけど愛に溢れる言葉や態度」は、きっとこの月&土星の働きです。

    この辺は、もし今度書く機会があったら個別に書きますね。

     

    9/8(土)は中野区・野方で『スピリチュアルマルシェ』に出店!
    STARナビゲーションのminiセッションもご用意しています♡
    ◎詳細はこちらから

    STARナビゲーションの個人セッションこちらから
    お申し込みはこちらから →いちばん上の「個人ナビ」を選んでくださいね

    新月や満月の前に
    ご登録のメールアドレス宛に
    「新月満月の星読み」をお届けします。