新月満月の星読み・7/13 蟹座の新月

新月満月の星読み・7/13 蟹座の新月

 

13日のお昼前、蟹座の20度台で新月です。
日本では観測できませんが、部分日食の新月。
次の満月、もう一つ先の新月と合わせて、この先半年ほどの毎日の土台になるような、そんな影響があるホロスコープです。

サビアンシンボルは「オペラを歌うことによって、有名な歌手が自分の名人芸を証明する」。

この新月は、いくつか特徴がありますが、
もっとも特徴的なのはMC(天頂)で太陽と月が新月を形成しているということ。
そこへ真正面から力を送り込んでいるのが現在逆行中の山羊座冥王星、
新月にゆるくトライン(180度)で手を結んでいる海王星と合わせて、直角三角形を作っています。

自分自身の気持ちを満足させる社会的な役割や仕事、というキーワードが見えてきます。

もちろんこれには
報酬として満足するということも含まれますし、
こうありたいと希望する姿そのもので社会の中で存在している私、
心が満たされることをしている私、
「やりたいからやる」「することができて楽しい」と満足している様子、
というようにも受け取れます。

冥王星の力を真っ向から受けていますので、
ある意味での破壊と再生の上に、
この「気持ちを満足させる社会的な役割や仕事」が成り立つようですが、
逆行中の冥王星は「破壊と再生」をわかりやすい形では表現してくれないかも知れません。

素直に手放せない、でも本当はもうわかっている。
目に見えては再スタートできていないけれど、実は毎日芽を出すための種まきと水やりを繰り返してきたので、
いつでも飛び出せる準備がすっかり整っている。

そんな様子が見て取れます。

何も動いていないように感じるかもしれませんが、ちょっとずつの積み重ねが必ずあります。
変化が起きていないと感じた時間も、実は小さな変化の連続であるはずです。

この新月が私たちにもたらす影響はそんなふうに、
即、結果として見えないかもしれないけれども、
結果が見えた時には、すでに揺るぎないどっしりした土台を構築した状態で「当たり前のようにそこにある」のだと思います。
それが、社会的な役割や仕事、という分野で現れます。

今、現実の世界で、
様々なものを見せられている!と感じるのではないでしょうか。

それは例えば誰かの成功と、それをうらやむ私、という形だったり
誰かの後悔と、何もしてあげられない私、という形だったり
過去の自分を振り返るという形だったりするのかもしれません。

大切にしたいもの、
大切にしたいこと、
それらを一度新しい頭と気持ちで整理することでこの日食のエネルギーを昇華させられる気配です。

周りの人々は自分を写す鏡でもあり、
周囲と自分との「ひびきあい」でもあり、そうしてお互いに影響しあっています。

社会的な立場も仕事も、
実は周囲があってこそ成り立つこと。
一人で山の中にいて、仙人のようにいきているだけでは成立しません。

他人の目を気にする必要はありませんが、
そこに思いやりを持って接することは大切です。
あなたを取り巻く環境はここから半年、ガラッと変わってくる可能性を秘めています。

あなたの内側にある愛を、
ちょっとずつ、半径30cm、半径1mと広げていくように
じわじわとまわりに届けてみてください。
それは必ず、じわりじわりと、あなたへ返ってきます。

 

 

*****ご提供中のメニュー*****

STARナビゲーションの個人セッション

ペットさんとの関係も読み解きます・「ペットとわたしナビゲーション」

ペットさんの気持ちを伝えます・アニマルコミュニケーション

 

*****募集中のイベント*****

9/8(土)野方スピリチュアルマルシェに出店!ご予約受付中

 

***** 新月満月の星読み バックナンバーはこちら *****

6/28 山羊座の満月

28日の午後、山羊座の6度台で満月です。
サビアンシンボルは「ベールに包まれた預言者が神の力にとりつかれて語る」。

自分の土台を固めるような方向へ意識が向くようです。

住んでいる地域や、
属している会社や集団、
大きくくくったまとまりを踏まえて、
自分のあり方に反映させて行くような行動を取りはじめるのかもしれません。

居場所、住んでいる場所を整える、
といった直接的な動きとして現れる方もいますし、
ここでどう生きるか、といった
マインド面を確立していくような形で影響が出る方もいらっしゃいます。

近くの誰かがお手本になるというより、
今回はむしろ
遠く離れたところで活躍する人の姿を見て、
自分の足元のことに反映させたり、
もしくは離れたところから
「こちらに目を向けるよりそこでやるべきことがあるのでは?」と
問いかけられたりするのかも。

そんなふうに
相反するものが輝いて見えるからこそ、
遠いところに光が差しているように感じるからこそ、
または手の届かないような憧れているものがあるからこそ、
かえって自分の居場所がフォーカスされたり、
やるべきことが浮き彫りになるような気配があります。

また、今まで誰かと一体化しがちだった人は
あの人と、私は、明らかに違う。
と、明確に線を引くことができるようになるかも。

気持ちを共有することや、誰かと共感することと、
相手に依存しきってしまうことは全く異なります。

そろそろ、自分の足で立つことを考える。
そろそろ、こっちに入ってこないで、と言ってみる。
そろそろ、あの人のお世話をする私、というアイデンティティを手放す。

そんな小さな、
でも大きな決意が
できる時でもありますし、
その一歩を踏み出せる時でもあります。

 

 

6/21の夏至(号外)

2018年の夏至図、いくつか特徴がある中で、まず私の目に入るのは
水の星座のグランドトライン。
山羊座の冥王星でカイトとも読み取れます。

蟹座、蠍座、魚座をむずぶ大三角形、といえばわかりやすいかな。
それを形作るのは、水星、木星、海王星。

境界を設定せずに壮大に夢を描き、
マニアックに追求して深め、膨らませ、
大事な人たちに伝えていく、という形。
それを繰り返すことで、良い循環が起こりそうです。

 

海王星は魚座の真ん中あたりの度数。
海王星っぽさを超発揮するかも。
とはいえ、3ハウスですし
夢を見るといっても、無謀な感じではなくて
地に足をつけている感じはします。

強いのは、クリエイティビティの発露、かな。
すごく創造的です、クリエイティブです、角度的にも。
そこに海王星が投入されますから、壮大なパワーです。

色々と、妄想してください。
実現する力が強いです。
妄想すればするほど、新しいものが、あなたから生まれます。

 

地域や地元のコミュニティが活躍の場になるのかも。

蠍座木星とのトラインですから、
そうした場で広がりが出たり、
仕事としての可能性が膨らむ様子も見受けられます。

それをとても大事な人、パートナー、相棒、大切にしている人たちに
自分の中で温めてきたことを伝えたり
相談して、さらに深めたり広げたりしていくような
そんな循環を感じます。

 

その循環は、他者と関わり合っていくことで、昇華できる兆しです。

常に循環し、
そして他者と協力したり競い合ったり、
勝っても負けても何かをつかんで立ち上がって、
また循環に戻って、
色々妄想してマニアックに追求して、
だれかにアウトプットしながら
また協力してつかみ取って…。

例えば氷の彫刻が出来上がるように
1本の木から何かの像を掘り出していくような、
そんな日々になっていきます。

もう一つのテーマは、女性性と男性性のバランス。
拮抗して動かなかったもの、安定していたはずのものが
なにかちょっとのキッカケでグラグラとするかもしれません。

これは、
自分自身の中の女性性と男性性のバランスということもそうですが、
例えばパートナーとのバランス、
仕事の相棒とのバランス、
そうした誰かとの実質的、または精神的な役割分担、みたいなものも含みます。

元のバランスと変わってくることは不安定に感じて
色々と不安になりやすいですが、
今のベストに向かっているだけなので
そんなにシリアスにとらえないで。

周りも全て変わってきているので、
「わたし」もそれに影響されます。
お互いに、宇宙にあるものは全て、影響しあっているだけ。

半年後の冬至に、また次の流れが指し示されるでしょう。

 

 

6/14 双子座の新月

14日の早朝、双子座の22度台で新月です。
サビアンシンボルは
「木の高いところにある巣にいる3羽の雛鳥」。

約1ヶ月前の前回の新月とその翌日の天王星の移動からこちら、
いろいろな面で新たな出発をしたり、
これまでの見直しを迫られている方が多いのではないでしょうか。

前回の新月と天王星移動の星読みで、
ここから先7年くらいのサイクルに当てはまることとして、
次のように書きました。

「自分の価値判断、
価値の基準を明確にしておくことが非常に重要になります。
(中略)
今までの「大事」を一掃するような
価値観の変化もじわじわと訪れる、
それを一度リセットするような新月であるとも言えるかもしれません。

メッキは、だんだん剥がれます。
そう書くと怖いような気もしますが、
本物だけ、
本当に大事なことだけ、
自分が心の底から価値を感じるものだけ、
残っていくでしょう。」

今回の新月もこの流れを強力にサポートしてくれるようです。

大切なことと、そうでもないことを「仕分ける」ために力を貸してくれます。
整理整頓してみましょう。

それはお家の中のあれこれ、
たとえば本や洋服やアクセサリーといった物質的なこともありますし、
人間関係やしがらみ、
エネルギー、波長といった、ある意味目に見えないことも含みます。

誰かのことを考えて整理するのではなく、
あくまで「自分基準」で、
自分にとって大切なこと、
必要なこと、もの、人をピックアップして、
そのことで残ったものが
不必要なこと、もの、人であると明確化する、
という側面が非常に強いです。

「今、すぐ、捨ててしまう、手放してしまう」という行動まで移せなくても大丈夫。

この先、順次整理していこう、と
手放すものに印をつけてあげる、という感覚でいいと思います。

これはもういいや、
やり尽くしたから手放そう、
今のわたしの方向には合わないな、
どうももう面白くないんだよな、
それくらいの、気楽さで感じ取り、ジャッジするといいでしょう。

理由ははっきりしないけど、
体や心のどこかで「必要ない」という声がするかもしれません。

この星回りでは、どこからともなく声がしてきたり
夢で見たり
亡くなった友や親しい人に言われているような気がしたり、と
そんな感覚が研ぎ澄まされていますので
そこで「受信」した感覚は信じ切るのが正解です。

 

 

5/29 射手座の満月

29日の夜遅く、射手座の8度台で満月です。
サビアンシンボルは
「母親が小さな自分の子を導き、急な階段を一段一段ゆっくりと昇らせる」。
非常に示唆的な度数です。

何らかの形で、気づかされることがあるかもしれません。

例えば誰かの経験談を通して、自分に当てはめて考えるとか、
目の前で起こった出来事を、自分の身に置き換えて学び取るとか、
そうしたことを通して、
何かに気づく、気づかされるということが
起こりやすいタイミングのようです。

直接的に、誰かから伝えられることもあるでしょう。
メッセージのような形で届いたり、
伝聞や、
感想、もしくは口コミのような形式で伝達される可能性も。

そこに今後見ていくべき世界や
心の持ちようの方向づけへの「決め手」となるものが含まれています。

聞こえてきた話や見せられた現実が
今の自分にとって厳しい話だとしても、大丈夫。
それがいま、あなたの前に現れたことを
数ヶ月後のあなたは、たしかに感謝しているでしょう。

このことは、
特に仕事や、
あなたの社会的な立場(父である、母である、主婦である、アメフット選手である、学生である、というような)で影響してくるでしょう。

双子座、乙女座、射手座、魚座の方々は、
中でも特にこの仕事と社会的立場に関しての学びが
ダイレクトにあなたの身に訪れそうです。
形をよりよく、適切に変えていくときです。
楽に呼吸できるように、そこには自分の夢や希望を必ず取り入れてください。

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座の方々は、
特に年長者の方や、その道の先輩からの学びが増えそうです。
もしかしたらそれは、その方の失敗談の中に隠されているかもしれません。
決して成功の話の中だけに、私たちの気づきが隠されているわけではないのです。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座の方々は、
目の前で起こる出来事に対して、
あなた自身が抱く思いの中にこそ学びがありそう。
自分の心のくせに気づけばラッキー。
うまくいかなさの原因を過去に求め過ぎないで。

 

 

5/15 牡牛座の新月 天王星の移動とともに

明日15日の夜9時前、牡牛座の24度台で新月です。
サビアンシンボルは「広い公共の公園」。

自分のことだけでなく、
広く視線を向け
そこに愛を注ぐことで、
結果回り回って自分にも安心がもたらされるような角度です。
何かに投資するとか、
もしくは極めて個人的な趣味の領域とか、
そういったことについてフォーカスされてくるかもしれません。

例えば投資をするなら、
「儲かるから」の視点ではなく
「私がそうしたいから。」というような
そういった視点が肝です。

お金はかえって来なくてもいいの、私がこれを応援したいだけだから。
というような心持ちになれる
『無条件の好きや支援』が、結果的に形になりやすい、上手くいきやすいときです。

大きなチャレンジという様子も、浮かび上がります。
今までだったら挑戦しなかったことに、
思い切って飛び込んでいくのかもしれません。
一か八か、と腹をくくれることなら、ぜひやってみることをオススメします。

恋が芽生えるような運気でもあります。
異性との恋愛ということだけでなく、
憧れの存在ができるとか、
働きたいと思える会社に出会うとか、
一緒に歩んでいきたい希望を持つとか、
そうしたことまで広い意味を含んでいます。

 

天王星の牡牛座への移動も翌日16日にありますので、
今までの価値観で物事を見ないこと。
自分の価値判断、
価値の基準を明確にしておくことが非常に重要になります。

この新月をきっかけに、
一度ゆっくり、
ひとりで、
書き出して整理してみるといいかもしれません。

誰かがいいということがいいのではなく、
私が主体的にいいと思う、好きと思う、
そこがここから数年のカギになります。

 

メッキは、だんだん剥がれます。
そう書くと怖いような気もしますが、
本物だけ、
本当に大事なことだけ、
自分が心の底から価値を感じるものだけ、
残っていくでしょう。

相手の顔色を伺って、好きなふりをすることが
だんだんと、辛くなってくるはずです。
自分の真ん中にドスンと大きな柱を立てて、
自分が持つものを自分で決める。
いらないものは処分する。

会社に守られるようなことも、
もしかしたら期待しないくらいがちょうどいいのかもしれません。
個人の力が試されるとも言えます。

繰り返します、
メッキが剥がれ、本当のこと・ものだけが残るような数年になります。
泡は泡でしかなく、
掴んだら消えてしまうでしょう。
心を強く持って、歩みを進めていく。
この新月は、そのスタートになるでしょう。

 

4/30 蠍座の満月

4/16 牡羊座の新月