新月満月の星読み・12/7 射手座の新月

新月満月の星読み・12/7 射手座の新月

 

7日の夕方、ほぼ日没の時間に、
太陽のある水平線の位置、射手座の15度台で新月です。

サビアンシンボルは「カモメが食べ物を期待して船のまわりを飛ぶ」。

新月を形作る太陽と月に、
魚座に同じ度数で位置している火星と海王星が
調停的な角度でエネルギーを注いでいます。

ちょっと、なんというか
大きな話に聞こえてしまうかもしれないのですが…。

大きな力に飲み込まれていないか、
長いものに巻かれて真実を見失っていないか、
自分の利益だけに焦点を合わせてしまっていないか、
そんなことを確認するようにと言われているような星の配置です。

仕事面と、
それをサポートしてくれる人々との関係について、
改めてその点を確認してみましょう。


やる気に火がつきやすいときだからこそ、
目標のために手段を選ばないような行動や
達成のために誰かを傷つけてでも進んでやる、
といったような動きに、
つい流されてしまいがちだったりします。

自分でやるのはいやだから、誰かにやらせてしまえ、
面倒だから相手に丸投げしてしまえ、
そんな感覚にちょっとでもなっていたら要注意。

遠くからは同じように見えるかもしれませんが、

これが得意な人だから、お願いしてみる。
若手のチャンスになりそうだから、トライさせてみる。
といったことと、大きく大きく異なります。

どういう「思い」のある発言なのか、
どういう「思い」のある行動なのか、自分の中で確認してみましょう。

お互いの力が合わさることで、加速していくような関係性。
補い合い、一段とパワーアップできるようなコラボレーション。

本来は、
そうした素敵な、
願ったり叶ったりの組み合わせが生まれるタイミングなのです。

自分のことしか考えていないのではないか?
一呼吸置いて、そこへ目を向けるべきときです。

 

 

※メルマガ読者様には、ほんの少し長い文または別の角度での解説も盛り込んであります。
 ご登録はこちらからどうぞ

 

*****ご提供中のメニュー*****

STARナビゲーションの個人セッション
RESERVA予約システムから予約する
ペットさんとの関係も読み解きます・「ペットとわたしナビゲーション」
RESERVA予約システムから予約する

ペットさんの気持ちを伝えます・アニマルコミュニケーション

RESERVA予約システムから予約する

 

*****募集中のイベント*****

12/18(火)北鎌倉にてヨガクラスと瞑想クラス開催します、ご予約受付中

1/19(土)元住吉スピリチュアルマルシェに出店!ご予約受付中♡

 

***** 新月満月の星読み バックナンバーはこちら *****

11/23 双子座の満月

23日の勤労感謝の日の金曜日、午後のおやつの時間のちょっと前に、双子座の0度台で満月です。

サビアンシンボルは「ガラス底のボートが、海中の神秘を明らかにする」。
目の前にその光景がパーッと広がるようなシンボルですね。

 

さて、満月を形作る双子座の月と、射手座の太陽、
そこに射手座に滞在中の木星が、太陽のほぼ真上から力を注いでいます。
また月と太陽は魚座の火星とそれぞれスクエアで手を繋いでいるという今回の満月図。
ここから浮かび上がるメッセージを紐解いていきましょう^^

まずは、よく観察すること。
眺めてみること。
そこに同化するのではなく、一歩引いたところから様子をよくうかがってみること。

今はまだ、没入してしまうというよりも
よく観察して、そこに対して
どう取り組もうか
どういう姿勢で臨もうか
モチベーションをどう保とうか
そんなふうに、計画を立てる段階と言えそうです。

お料理で材料を入れる前に、
まずフライパンに油を敷いてをよく温める、という感じ。

今のうちに俯瞰して見ておくことで、この先スムーズに進むことができるのです。
自分の中での自分との会話がアレコレと増え、
やる気が出たり、しぼんだり、またやる気が出たり、となるかも。
そんなことも、おおらかに受け止めてください。

もうひとつは、
「学ぶこと」や、その反対の「教えること」について、
なんらかの動きがあるかも、ということ。

いずれにしても、目に前に現れる事象にドギマギせずに
まずはじっくりと「よーく見てみる」こと。

そんなことを意識するような満月前後からの二週間になりそうです。

 

11/8 蠍座の新月

8日に日付が変わって世の中の喧噪もひとやすみする頃、
蠍座の15度台で新月です。

サビアンシンボルは「少女の顔が微笑み始める」。

今回の新月を形づくる月と太陽には、
海王星が120度の角度でエネルギーを注ぎ込んでいます。
また、山羊座にある冥王星とも、ゆるくですが60度の角度を形成しています。

今までは難しかったことでも、
だんだんと受け入れられるような変化が自分にもたらされることが
今回の星の配置図から浮かび上がってきます。

自分に対する偏見を手放す人、
他人についての
凝り固まった考えを見直す人、
拒否していた感情を認めて溶かして行く人、
新月はこうした変化が起こりだと示唆する角度に形成されます。

特に自分の基盤になっているような部分で、このような変化が起こるでしょう。

例えば、毎日当たり前にしていたことや、守りたいと思っていること。
寝ること、
食べること、
話すこと。
家族のこと、
暮らしている場所でのこと。

決して揺るがない、変わらないと思っていた部分、
そんなところでこそ、
今回の、やわらかな「少女の微笑み」のような変化が訪れます。


そして、この変化を受け入れた後には
大切な人と、大切な時間をともに過ごすこと。

誰かのためにしたわけではないのに、
大切な人が、
その変化を一番喜んで、力を与えてくれるようです。

さらに、8日の夜9時半過ぎに、
木星が約1年滞在していた蠍座から、次の天秤座に移ります。
ここから先、来年12月にさらに次の山羊座に移動するまでの1年、
世の中の空気感がこれまでとまたちょっと変わってくるようです。

 

10/25 牡牛座の満月

25日に日付が変わってまだ深い闇の中、牡牛座の1度台で満月を迎えます。

サビアンシンボルは「電気的な嵐」。
前回の新月も嵐に関わっていましたが、今回も嵐という象徴的なワードです。

満月を形作っている牡牛座の月には逆行中の天王星が重なり、
もう片方の蠍座太陽には、同じく逆行中の金星が寄り添っています。
その両方に、山羊座土星がエネルギーを注いでいます。

新しい道が、突然目の前に現れるような、そんなタイミングです。

これまで目指していた方向や
見通していた将来とは全く別のことである可能性が高いです。

思わぬハプニングやトラブルからそれが見えてくる場合もありますし、
誰かからもたらされる場合もあります。

それは、今までの「私」の考えが及ぶ範囲にはなかった選択かもしれません。
考えたことがなかったわけではない、
けれど、ダメだと思い込んでいた、とか
自分自身で「ここまでが私の夢の範囲」と枠にはめていたということもあるでしょう。

全てを取っ払って考えてみたら、なんでダメだと思っていたのかもわからない。
そんなことだったのかもしれません。

この出来事のベースになるのは、
実はここまであなたが築いてきた「信頼」や「信用」です。

あなた自身を信じてもらう、受身としての信頼や信用ももちろんですが
あなたがこれまでに一体何を信じてきたか、誰を信じてきたか、
という意味での信頼や信用も重要な意味を持ちます。

突然目の前に現れたように見える出来事の土台に
ここまでずっと紡いできた流れが脈々と流れている。
そこに気づいたら、さらに飛躍できるでしょう。

まだまだ先へ行ける、
広がりを持てると信じているなら、
道は確かに続いていたし、続いていくのだと思います。

信用や信頼、自分の心が信じるもの、
それらをもう一度見直すことで、
見たこともない道が
ビビッドにあなたの人生に現れる気配です。

 

10/9 天秤座の新月

9日のお昼過ぎ、天秤座の15度台で新月です。
サビアンシンボルは「嵐のあとに、船が修理を必要として陸に上がっている」。
なんだか、最近の台風の後の現実を指し示しているかのようなシンボルですね。

 

さて、今回の新月図を見て行きます。
新月を形成する重なった太陽と月には、冥王星がハードな角度でかかっています。

自分自身の内側と対話をする機会が増えるかもしれません。
自ら率先してそういう状況になるのではなく
どちらかというとそうせざるを得ない状況になると言えます。

いつも1人で考えたり感じたりすることができる方にも、
今回ばかりは「誰かに聞いてもらう」ことをオススメします。

というのも、
自分自身を内観するうちに
本来と違った方向へと行ってしまったり
物事を必要以上に悪い方向へとらえてしまいがちな可能性が高いのです。

ですので、誰かに聞いてもらう。

もちろん、耳で聞いてもらうのでも、
SNSなどで発信して反応を得るのでもいいのですが
とにかく1人で抱え込まないこと。

自己開示が必要な場面が多いかと思うので、
つい二の足を踏んでしまいがちですが
信用できる誰かに、どうぞ打ち明けてみてください。

今新しいことに踏み出すことには
少しの難しさを感じることもありそうです。

特に意思疎通がうまくいかないといった形で表れるでしょう。

言葉を尽くしても、聞く耳を持たない人には届きにくいもの。
もし可能であれば、時間をおいて。
他にやるべきことを先に片付けてしまうくらいがちょうど良さそうです。

 

9/25 牡羊座の満月

25日(火)のお昼前、牡羊座の1度台で満月です。
サビアンシンボルは「人間の性質を明らかにするコメディアン」。

壮大なビジョンに対する嘘偽りのない純粋な眼差し、という星の配置が見て取れます。

自分自身とたくさん対話しましょう。

今回の満月をきっかけに
ご自身のこと、
ご家族のこと、
仕事のことに関連して
あれこれとアイデアが浮かびやすくなるでしょう。

そのアイデアは
どちらかというとスケールの大きなもの。
達成するには時間と労力と、ともすると運が必要だと思えるような
ある意味壮大なビジョンが浮かんでくるでしょう。

想像力の翼を広げ、浮かび上がるアイデアをそのまま受け止めましょう。

ある意味で、欲望のままに、
湧き上がってくるままに任せます。
無邪気に、純粋に、素直に、自分の奥底にある願いや欲を出してきて、
同時に無邪気に純粋に、受け止めていきます。

この満月の月は
否定したり、抑えたり、良し悪しの判断をしなくていい角度に配置されていますから
欲求ダダ漏れでOK。

ですが、これは簡単なようでいて、その実とても難しい作業です。

あれはダメ、これはダメ
他人と違わないように
遠いから、お金がないから…etc。

小さな頃からそんな風に育ってきた私たちには
自分自身で枠や限界を決めてしまったり、ブレーキをかけてしまうもの。

アイデアのかけらに気づかないように暮らしたり
欲望を認めずにやり過ごしていたります。

そこを、いま、オープンに感じて、オープンに受け止めてみましょう。

心の筋トレ。
たぶん、慣れると楽しい筋トレです。

ここでのこの作業が『自分の納得のいく形で』できたかどうか。
その辺が、さらに先の展開に影響してくるようです。

 

9/10 乙女座の新月

10日(月)の未明、乙女座の17度台で新月です。
サビアンシンボルは「ウィジャ盤」
これは日本で言うところの「こっくりさん」のようなもので、
西洋版のこっくりさん”ウィジャボード”のことだそう。

さて、今回の新月、
ご自身の中を深く内観するのに向いています。

自分の感覚や感性を、自分自身のために最大限に使うときです。

普段意識に上っていることと、
潜在意識の中に眠っていることと
それを両方つまびらかに、確認していく作業をしてみましょう。

例えば
ちょっとした体調の悪さ。
繰り返す痛み。

加齢のせい、
ホルモンのバランスのせい、
と、つい毎日の生活の中では、
それが当たり前だと受け入れてしまいがちです。
これは、意識が担当している部分。

ですが、私たちは
実はとても優秀なセンサーを持っていて、
体や心が感じ取っている違和感や原因があったりします。
こちらが潜在意識の部分。

ちょっと深く自分の内側を確認してみること。
あの毎日の習慣のせいかも、
気づかないうちにしている姿勢のせいかも
体を冷やしているのかも
食べるものがあっていないのかも…。

そんな風に、
もしかして?
あれ?おかしいかも?
と頭の隅や心のどこかで思っていることに一度光を当ててあげましょう。

体調という例えを出しましたが、
これは仕事の面で「なんとなく、違うと思っている」とか
人間関係に「違和感がある」とか
それこそ住んでいる場所とか、
どんなことに関しても当てはまります。

「あれ?これってどうなんだろう?」と気づきがあり
自分の深いところを見つめることで
なんらかの原因や答え、解決策が見つかるでしょう。

新月の暗がりの中、自分の内側にライトを灯すように。

なんとなく、の中に
とてもたくさんの情報と
あなたにとっての「正解」が隠れているはずです。

 

8/26 魚座の満月

26日(日)の夜、魚座の3度台で満月です。
サビアンシンボルは「2つの海岸保養地をつなぐ細い地峡での交通9渋滞」。

目に見えないメッセージを受け取る機会が増えるかもしれません。

ここのところで
自分の目指すもの、向かっていく目標について考えてきた方々には
朗報がもたらされるようです。
それは、頭で考えたり、理論的に分析するよりも、大切にすべきこと。

気持ちや感情といった部分のよう。
そして、踏ん切りがつくようです。

あたためて来たこと、
形にしようともがいていたこと、
あれこれと試行錯誤を繰り返して来たこと…。
ここまでで
色々と堂々巡りのような感じがしていたり
光の見えない感じがしていたのではないでしょうか。

今まであれこれと練っていた作戦や
分析、思考、リサーチや調査については、
一度全部忘れてしまいましょう。

大丈夫、ここまで積み重ねて来たそれらは
もうすでにしっかりとあなたの血肉となっています。

ふー、っと一息ついたら、
思考を働かせず、
こころに、
気持ちに、
素直に動いてみてください。

これが、求めていた回答です。
実は、あなたの中にずっとあった答えです。

違和感があるなら、修正しましょう。
気持ちよくできること、
気持ちに無理なくできることが正解です。

嫌だなとか、
気持ちがチクチクするな、とか
妬ましいとか、羨ましいとか、
そんな感じがするなら、聞いてみましょう。

それって、本当?
これが望むもの?
このままでいい?
どこへ行きたい?
誰となら楽しい?

そんな風に、自分に尋ねて、
内側から返ってくる答えに耳をすませてみてください。

 

世の役に立つ。
誰かのためになる。
みんなを笑顔にする。

そのためには、何よりもまず、
自分自身の気持ちに嘘偽りがないことが肝心です。

 

8/11 獅子座の新月

11日の夜、獅子座の18度台で新月です。
サビアンシンボルは「ハウスボートの上でのパーティー」。
ある意味で獅子座らしいシンボルです。

ここから約半年は
あなたらしさ、
あなたらしい幸せ、
というところへまっしぐらに向かっていくようです。

実際に、そこまで到達できなくても
それを念頭に人生を探検していくのかもしれません。

見つけるのは半年後なのか
もしくはさらにその先に続くのか…。
この辺は人それぞれではあります

義務感という鎧(よろい)を、まずは外してみませんか。
必要以上の規則を、自分に課していませんか。
自由から逃げようとするのは、恐れからではありませんか。

ふとしたきっかけで「自分らしさ」についての発見があるでしょう。

その発見は、もしかしたら困難を伴うこともありますが、
それだけの結果をもたらしてくれるものであるはずです。

思うようにならなさ、を実感する日々があるかもしれませんが
だからこそ、順調であることの奇跡に感謝できるでしょう。

ずっと靄(もや)がかかっていたような気分だったはずが
あるとき突然晴れるような経験をする方もいらっしゃるようです。

ポイントは、心と体にしっかりと向き合うこと。
どちらも健康であることが、何よりの財産です。
自分の内側をチェックして、自分らしい快適さを積み重ねて行きましょう。

全力を尽くして、
やりきったその先で、
すべての期待を手放して、
あるがままの結果を受け入れてみてください。

 

◆ これより前のバックナンバーは