ペットさんからの大切な内緒話「ごはんの出し方」について

ペットさんからの大切な内緒話「ごはんの出し方」について

アニマルコミュニケーションをさせていただいていますが、

よくいただくご依頼の中に、
「何が食べたいか聞いて欲しい」
「どんな食べものが好きなのか知りたい」
というものがあります。

※飼い主様からのご了承をいただいて掲載しています。

普段の生活でも、大事なペットさんが「好きなもの」を知っておきたいと思うのは飼い主様の親心。

でも、体調の悪いペットさんの場合だと、その思いも切実です。

先日のアニマルコミュニケーションでのこと。
最近「食べる」ということをあまりしなくなってしまったシニアのワンちゃん。

飼い主様は「食べたいと思っている気力は感じるのですが、食べてくれなくて…」とおっしゃって、『何が食べたいかを聞いてみる』事になりました。

こういう場合に動物さんのお答えでよくあるのは、素材を教えてくれること。
例えば食べたい素材を、「ささみ」「かぼちゃ」「チーズ」というような具合でお知らせしてくれます。

または、素材の状態を教えてくれることも。
「かぼちゃをペーストにしてほしい」
「そのままなまで食べたい」
「蒸してくれたら美味しい」
などなど。

今回のAちゃんも、最初は食べたい素材を教えてくれたのですが…。

だんだんヒートアップして熱弁をふるってくれたのは、
実はその『配膳方法』『給餌方法』だったのです。

・ごはんを混ぜ混ぜしないでほしいこと
・素材の違うのものは、別々に出してほしい
・例えば、ドッグフードなども「素材を混ぜて」しまっている。そこはちょっと不満、仕方ないけれど
・懐石料理みたいに小さいお皿をいくつも出してってことじゃない
・同じ1つのお皿の中に、肉ゾーン、かぼちゃゾーン、おからゾーン、カリカリフードゾーン、のように分けてほしい
・隣同士がくっついていても、味がしみていても、汁に浸かっていてもそれは構わない
・ゾーン分けされていたら、その中から食べたいものを自分で選んで食べる

との話がじゃんじゃん出てきました。

飼い主様にご報告すると、
「私の配膳方法が悪かったのね〜」と
笑いながら「わかりました!」と力強いお言葉。

確かに、例えば私たちでも、
ハンバーグと白いごはん、一緒にしたら食べないとか、
ごはんにソースがちょっとついてもイヤ!とかありますもんね〜、
などとお話しました。

後日、
「あのあとその通りにして見たら、まず野菜だけ食べてくれました」
「そして次の食事では野菜とフードの部分をたべてくれたんです!」
「ずっと食事できなかったのに!すごいです!」
とご報告いただきました(感涙)

おうちのペットさんのお食事がすすまない場合、
もしかしたら盛り付け方、配膳方法次第で解決することがあるかも!
しれません^^

もちろん、ちゃんと混ぜてね、というペットさんも多いので、
わんちゃん、ねこさんの様子をよく見てあげてくださいね^^

Aちゃん、貴重なお話を教えてくれてありがとう♡
これからも、その時々で食べたいもの・体に必要なものを選んで、
なによりも元気でいてね!

 

アニマルコミュニケーション 受付中です

 

*****ご提供中のメニュー*****

STARナビゲーションの個人セッション

ペットさんとの関係も読み解きます・「ペットとわたしナビゲーション」 などなど

 

*****募集中のイベント*****

5/18(金)<インド民族楽器シタール>ROPPONGI SITAR NIGHT

5/20(日)ひびきの宵<シタールと三昧琴の夕べ>

6/2(土)美容と健康にいいって本当? 暮らしのアーユルヴェーダ ビギナーズクラス