<第3期全日程終了>暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース 第3期

<第3期全日程終了>暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース 第3期

 

 現在、2019年春の第4期計画中!(2018/11/29現在)
2018年11月現在、次回開催の第4期(2019年4月、5月、6月開催)を計画中!
・お問い合わせはこちらから
お問い合わせをいただいた方には、詳細が決定次第、ご連絡させていただきます。

 

<最新情報>
・第3回(9月22日)の模様をUPしました(9/23)
・第1回(6月30日)の模様をUPしました(7/7)
第2期の方のご感想ページ4をUPしました(6/9)
第2期の方のご感想ページ3をUPしました(6/1)
・講師の田村ゆみさんが「美味しい&おすすめ」のお店に講座のチラシを設置してくださいました!(5/16)
第2期の方のご感想ページ2をUPしました!(4/24)
第2期の方のご感想ページ1をUPしました!(4/19)
・募集を開始しました!(4/9)

 

<最新情報> 9/22(土)に第3期の3回目(最終回)の講座を開催しました!

 

9月22日(土)に、第3期の3日目、最終回の講座が開催されました。
実は今回が、スペースUさんでの開催も最後ということで
講師のAROUND INDIAの田村ゆみさんとともに、折に触れて第1回から今回までを思い出しながらの1日となりました。

ご参加の皆さまは、今回も色々と前回までに習った「アーユルヴェーダの知恵」を試してきてくださって
実際に家でご自身でやってみた感想や、心地よくて続けていること、
逆にやってみたけれど自分ではいまは選択しなかったことなどを
エピソードを交えながらあれこれと楽しくうかがいました。

第2回から今回の第3回までの間に、講師のゆみさんは35日間、渡印していらっしゃったので
その間のあれこれ、楽しかったり大変だったりしたお話を聞いて、
みなさまと一緒にインドに想いを馳せるひとときもありました。

講座の内容としては、目のケアとフットケアをメインに、
今回もゆみさんがご用意くださった、
おうちでも試せる「暮らしのアーユルヴェーダキット」を使いながら実践形式で学んでいきました。

最終日ということで、全3回ご出席の皆さまへ修了証をお渡しして、全日程を終了しました。

講座の後は南インド料理の「手食」にチャレンジ!希望者で懇親会へ。
美味しいお料理をアーユルヴェーダの基本でもある手食でいただき、楽しく過ごしました。

ご参加くださいました皆さま、講師の田村ゆみさん、誠にありがとうございました!

第4期開催のご希望受付中!お問い合わせ、リクエストはこちらまでお願いします

 

6/30(土)に第3期の1回目の講座を開催

6月30日に、第3期の1回目の講座が開催されました。
今回のみなさまは、学びの深さや広さは様々ながらも、
なんらかの形でアーユルヴェーダにご興味を持って、これまでも学んだり接したりして来た方ばかりでした。

その中で、
「もっと実践的なものが知りたい」
「自分や家族の暮らしに取り入れたい」
「はじめて、と、プロとの間の部分の『学び』を希望していた」
と、このベーシックコース を選んでいらしてくださったことが判明。

講師の田村ゆみさんも、
『日々の暮らし、毎日の生活の中で、自分に必要な形で、必要な分だけアーユルヴェーダを取り入れる』
ということを念頭にこの講座を組んでくださっているので、
ご参加の皆様のお話はありがたい限り、ぜひ必要なものをお持ち帰りいただければ、と
楽しくも、熱のこもったお話を、ボリュームたっぷりにしてくださいました!

それこそ、これまでも知っていたはずの「ギー」の話にびっくりしたり、
沖縄産の、アーユルヴェーダで薬草とされる「モリンガ」を、気楽な形で摂る方法を教えていただいたり、と
毎日でも使えそうな情報が満載。
さっそく「もしかして、モリンガが??」とご自身の体の変化を感じた方もいらしたようです。

今回の内容で気になたものをおうちでも実践していただけたら…。
また次回お会いした時に、ゆみさんが皆さんに様子を伺ってくださるようです。
では、また元気に第2回の講座でお会いしましょう!

 

第3期のベーシックコース は6、7、9月に開催!

昨年7月からのベーシックコース第1期、
今年1月からのベーシックコース第2期ともに大好評だった
AROUND INDIA の田村 ゆみさんによる「暮らしのアーユルヴェーダ」。

「暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコース」第3期の開催が決定しました!

より身近に、日々の暮らしの中で「生きたアーユルヴェーダ」として活用していただけるように、
3回連続のコースとして講師の田村ゆみさんがメニューを組み立ててくださっています。

ゆみさんが広く伝えるアーユルヴェーダは、「いのちの取扱説明書」

ご自身で体験・体感するからこそ理解が深まり、
周囲の方へもアーユルヴェーダの良さやポイントを伝えられるはずです。
ベーシックコースでは様々なセルフケアを学びながら試すことを通じて、
やがてご家族や大切な方に伝えていただけるよう目指しています。

入門編(現:ビギナーズクラス)でも
第1期や第2期でも大好評だった「実践」を多く含んだコースです。

さらに内容に沿う範囲で3ヶ月のフォローアップ付き。
自宅で挑戦してわからないことは適宜グループページで質問できます(Facebookにて)。

このベーシックコースを通して、「私のアーユルヴェーダ」のかけらを見つけ、
日々の暮らしをより健康に、より快適にしていきましょう。

講師の田村ゆみさんは毎年渡印し、様々なアーユルヴェーダの知恵を更新していらっしゃいます。
今回の講座でも途中8月にインドへ渡り、最新の情報を持ち帰ってくださる予定です。
本場のスパイスやオイルを直接体感できるチャンスとなっております。

※実践内容の関係で、受講者は女性限定とさせていただきます。

Kairos Tokyo 幸田郁代

お申し込み・お問い合わせはこちらから

___________________________________________________________
🇮🇳お申し込みはこちら から
リンク先に飛ばない方は、以下のアドレスからどうぞ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9b68fbf3511221

🇮🇳お問い合わせはこちらから

お申込み後、すぐに自動返信メールが届きます。
しばらくたっても届かない場合は、迷惑メールをご確認いただき、
未受信の場合は こちらの問い合わせフォーム よりご連絡ください。
___________________________________________________________

 

日程と講座の内容(予定)

<日時> 2018年 ※8月は講師インド出張につきお休みとなります
第1回: 6月30日(土) 10:30〜15:45
第2回: 7月28日(土) 10:30〜15:45
第3回: 9月22日(土) 10:30〜15:45 (終了後、懇親会あり)

<場所> 祐天寺 スペースU (東急東横線 祐天寺駅 徒歩2分)

講座内容(予定)

第1回: 快適な暮らし ~季節の変化に耳をすます~
・夏を快適に過ごすヒント
【実践】レモンウォーター、スパイシーヨーグルトドリンク、
・首肩のケアについて
【実践】家庭でできるオイルマッサージ、鼻うがい、鼻オイル(ナスヤ)

第2回: 日々の暮らし ~私の体は食べたものでできている~
・食べ物から体になる、ダートゥとは?
・老廃物とは?
・ヘアケアについて
【実践】セルフのオイルマッサージ、ハイビスカスシャンプー、ハーブシャンプー作り、ヘアパック作り

第3回: 調える暮らし ~不調をケアする知恵~
・体の中を縦横無尽に走るスロータスとは?
・詰まりが引き起こす不調とは?
・目のケア
【実践】目元のマッサージ、ローズウォーターパック、トリファラ、インドの健康器具を使ったフットマッサージ

 

持ち物のご案内

<持ち物> ※詳しくはお申し込みの方に各回ご案内します
◎テキスト:田村ゆみ著「暮らしのアーユルヴェーダ」
(インド号ブックス)
※お持ちでない方は事前に入手の上、初回までにご一読ください。
※講座申し込み時にフォームより購入申し込み可能(税込1,944円+送料180円)。

◎第1回の持ち物
・テキスト(暮らしのアーユルヴェーダ)
・フェイスタオル
・汚れても大丈夫なキャミソール・ブラトップなど
(首肩周りのオイルマッサージで着用します。お着替え可能)

 

受講について、特典や注意事項など

●女性限定のコースです
●3回連続で受講していただくコースです。すべての出席を前提とします
●3回すべて出席された方には修了証を発行します
●入門編やビギナーズクラスを受講していない方でもベーシックコースからの受講が可能です(※コース内でドーシャ診断は行いません、6/2(土)開催のビギナーズクラスにて学んでいただくか、またはテキストでの自習をお願いします)
●特典として、4ヶ月間のFacebookグループで(商品購入先など)のフォロー付き。2018年10月22日(月)まで、コースで学んだ毎日のアーユルヴェーダライフをサポートします。

 

定員、受講料、キャンセルポリシーについて

<定員> 9名さま

<受講料> 45,000円(税別)
●早期申込特典あり(4月30日(月・祝)お申し込み分まで 42,000円(税別))
●事前振込み制(銀行振込みまたはクレジットカード決済)

<キャンセルポリシー>
コース開始日10日前までのキャンセルは手数料等(カード決済手数料・振込み・事務手数料)を差し引いた上で全額返金いたします。
コース開始日3日前までのキャンセルは50%、前々日・前日・当日のキャンセルはキャンセル料を100%申し受けます。
コース途中でのキャンセルは受け付けておりませんのでご了承ください。
もしやむを得ない事情でご都合が悪くなった場合は、お早めにご連絡をお願いいたします。

 

🇮🇳 お申し込みはこちら から

🇮🇳 お問い合わせはこちらから

 

講師の田村ゆみさんからのメッセージ

こんにちは。講師を務めさせていただくAROUND INDIAの田村ゆみです。

南インドにあるアーユルヴェーダや伝統文化が息づく小さな町。わたしがアーユルヴェーダを学んだのは、そんな土地でした。現地の病院での授業、治療、ヨガ、伝統武術カラリパヤットゥの療術、そして人々の暮らしの中には学びが溢れていて、それは、本の中では気づき得ないことばかりでした。
古典に書いてあるような難しそうなことも、身近な経験に置き換えてみると意外にシンプル。五感を使って体感すれば、もう自分の経験となってしまいます。

だからこそ、暮らしのアーユルヴェーダ ベーシックコースでは、「ためす」ことを大切にしています。
随所に実践を盛り込んだ講座で一緒にためしてみた後は、お渡しするキットを活用してご自宅でもためしてみる。
無理のないアーユルヴェーダ。あなたの暮らしにも役立ててみませんか?

 

講師のご紹介

▼講師紹介▼

田村ゆみ(AROUND INDIA主宰)
「暮らしのアーユルヴェーダ」著者

+好きなこと+
日々の暮らしや旅の中で、アーユルヴェーダや元気のヒントになることを探すこと。

+インドとのお付き合い歴+
2008年インドでアーユルヴェーダとヨガを学ぶ。約40日間のパンチャカルマを受ける。日本でアーユルヴェーダサロンHREEM運営、東京上野で寺yoga主宰、アーユルヴェーダスクールなどを行いながら、師匠であるアーユルヴェーダドクターに言われた自分なりのアーユルヴェーダを探求。2010年ケララ伝統武術カラリパヤットゥの師匠P Dineshan Gurukkal宅に住み込みでカラリの療術を学ぶ。2014年〜2017年インド号として活動。2017年、再び40日を超えるパンチャカルマを経験。インドを定期的に訪れながら、どこでもできるアーユルヴェーダの探求や、今ならまだ残っているすばらしい手仕事の数々、それに携わる人々や生活を覗いている。
昨年4月に祐天寺・スペースUで開催した「暮らしのアーユルヴェーダ 入門編」ワークショップをはじめ、同・7月からと本年1月からの3回連続講座「ベーシックコース」ともに好評を博す。

・インド政府認定アーユルヴェーダパンチャカルマセラピスト
・ハタヨガティーチャートレーニングコース修了
・MGS Kalari カラリパヤットゥ・ウルチリセラピスト
・元インド号 編集長
・ケララ州のアーユルヴェーダ病院PVA Ayurveda Hospital・MGS Kalari Sangam提携

 

第1期、第2期修了生の皆様のお写真とご感想

第1期修了生、第2期修了生の皆さまと…。

 

◆第1期を受講された方のご感想はこちら!
ご感想1:「暮らしに役立つ」知恵を楽しく学べるオススメ講座です
ご感想2:「奥深い世界」をシンプルに教えてもらえます

◆第2期を受講された方のご感想はこちら
ご感想1:受講のきっかけはなんですか?
ご感想2:受講してよかった点は?
ご感想3:その後暮らしにいかせてますか?
ご感想4:誰かにオススメするとしたら?

お申し込み、お待ちしております!

___________________________________________________________
🇮🇳お申し込みはこちら から
リンク先に飛ばない方は、以下のアドレスからどうぞ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/9b68fbf3511221

お申込み後、すぐに自動返信メールが届きます。
しばらくたっても届かない場合は、迷惑メールをご確認いただき、
未受信の場合は こちらの問い合わせフォーム よりご連絡ください。
___________________________________________________________

 

◆入門編ワークショップ(現:ビギナーズクラス)を受講された方のご感想はこちら!
ご感想1:「自分の体と向き合っていきたいと思います」
ご感想2:「五感をフルに活用してのステキな時間でした」
ご感想3:「とにかく、日本にながらにしてインドの風を感じました」
ご感想4:「アットホームな雰囲気のなかで、誰にでも分かりやすい」
ご感想5:「もっと聞きたい!と思ってしまい時間が短く感じました」