開催報告<Hello Anatomy! vol.5>解剖学のワークショップ

開催報告<Hello Anatomy! vol.5>解剖学のワークショップ

昨日の「Hello Anatomy! vol.5」、
たくさんの皆様にご参加いただきました。ありがとうございました!

今回のテーマは「股関節 〜それぞれのデザイン〜」でした。

クラスのスタート時、講師のMaki先生が皆様それぞれに股関節について聞いてくださったのですが、
何らかの痛みや違和感を抱えていたり、
直接的に痛みなどではないにせよ、日頃の身体の不調の原因が「股関節に由来しているのではないか」と何となく感じていたりというお話が次々と…。

そんな悩みや疑問を解いていくように、Maki先生がクラスを進めてくださいました。

講義と、アーサナだけでなく、お互いの股関節を触ってみてその違いを感じるグループワークも。
私がご一緒させていただいた方々は、私とは全然違う股関節の幅や形、位置をしていて「ユニークさ」を実感する時間にもなりました。

私はお互いの股関節を体感する中で、かえって自分自身の「外旋が得意で内旋が苦手」な股関節の形や、向きや、つき方が、だいぶイメージできるようになりました。

筋肉がかたいために動きが制約されているところと、そもそもの骨のデザインとを分けて考えられるって、とっても素晴らしいことだなー、と実感しております。
これ、Maki先生の解剖学ならでは、の特権です。

Maki先生には本降りの関西からピューっと飛んできていただき、いつも通りの先生らしく、やわらかくたおやかな空気感の中で、ロジカルに明確に股関節にまつわるあれこれを教えていただきました。
相棒のJr.くんも、一緒に来てくれましたよ^^

ご参加の皆様も、
ご自身の体に照らし合わせて理解した方、大切な方や、生徒さんの悩みを「あ!こう言うことかも!」と気づかれた方、様々だったかと思います。

また来春、MAKI先生から、学びを深めるチャンスをいただけそうです。

その時はぜひ、初めての方も足をお運びくださいね!

 

次回来春予定、詳細は www.kairos-tokyo.com でUPします!